ズバリ的中!血液型による性格分析と相性占い

B型×AB型の相性の傾向 同性編

B型とAB型は要所要所で息が合う

B型とAB型は隠れた名コンビという表現がピッタリです。

 

人から縛られるのを嫌うB型と、常に自分だけの空間を持ちたいAB型。
必要以上に付かず離れずを、そのまま素で実行できる組み合わせなんです。

 

時としてB型特有の暴走もしますが、AB型のクールな一言でピシャリ!しかも、それを根に持たないB型。

 

AB型特有の、無意識のうちに他人と一線を画する部分も、B型と一緒にいれば打ち解けて輪に馴染めてしまいます。しかもその輪からこっそり抜けるときも目立ちません。

 

B型にとって、
O型は、長所を伸ばしてくれますが、
AB型は、欠点を補ってくれる人と言えます。
AB型にとってもB型は、素を出せる人です。

 

B型がAB型に興味持つと・・・

B型がが趣味に没頭する時は他の追随を許しません。何かに夢中になっていることがあると、周りの人に無関心になります。

 

そして、その興味の対象がAB型になったときは大変です。AB型に何度も電話をしたり、外へ誘い出そうとしたりします。しかしAB型は人に振り回されることは最も苦手で嫌がります。

 

B型がAB型に集中して興味を持つと、絶妙な「息が合う名コンビ」のバランスが崩れてしまいます。

 

B型特有の暴走に、AB型のクールな一言でピシャリ!なんてワケにもいきません。B型の意見なんて聞き入れなくなります。

 

しつこいB型の押しにAB型は逃げていく可能性もあります。

 

B型とAB型はお互い感心しあっている

B型はAB型の考え方、考えの深さに感心しています。

 

AB型は、B型の自由な行動力に感心しています。

 

これが、どちらかがO型の様に一度決めたら変えない行動をするなら、B型とAB型はお互いに嫌気がさすのでしょうが、その場で臨機応変に対応するから、危なっかしいと思いながら、感心(関心)してしまいます。

 

ただし、B型は行動に対し結果と責任を持つことも忘れてはいけません。それがなければAB型は分析してB型をいい加減な奴と扱ってしまいます。

 

AB型も、語った内のいくつかは行動に移すことです。でなければ、ネチネチしやがってとB型に思われてしまいます。

 

B型とAB型はもともとの相性はかなりよいようです。うまく付き合うポイントは、お互いが相手に近づき過ぎないことですね。