ズバリ的中!血液型による性格分析と相性占い

B型×AB型の相性の傾向 同性編

B型×AB型の人の性格の相性の傾向 同姓編

 

 

要所要所で息が合う

隠れた名コンビと言う表現がピッタリです。
束縛を嫌うB型と自分の空間を持ちたいAB型。
必要以上に付かず離れずを、
素で実行できる組み合わせです。
B型特有の暴走も、AB型のクールな一言でピシャリ。
しかも、それを根に持たないB型。
AB型特有の何気に人と一線ひいている部分も、
B型と一緒にいれば、輪に馴染め、抜ける時も目立ちません。

 

B型にとって、
O型は、長所を伸ばしてくれますが、
AB型は、欠点を補ってくれる人と言えます。
AB型にとってもB型は、素を出せる人です。

 

 

B型がAB型に興味持つと・・・

B型が趣味に没頭する時は他の追随を許しませんが、
その対象がAB型になった時は、大変です。
電話を掛けたり、連れ出されたり、
AB型は人を操ろうとしますが、振り回される事は
最も苦手で、また嫌います。
B型がAB型に集中して興味を持つと、
絶妙な仲のバランスが崩れてしまいます。
AB型のクールな一言も、悪い意味で聞いちゃいません。
怒涛のB型の押しに逃げ出したくなる可能性もあります。

 

 

お互い感心している

B型はAB型の考え方、深さに感心しています。
AB型は、B型の自由な行動力に感心しています。
これが、O型の様に一度決めたら変えない行動力なら、
嫌気がするのですが、その場で臨機応変に対応するから、
危なっかしいと思いながら、感心(関心)しています。
ただし、B型は行動に対し結果と責任を持つ事も忘れない事。
それが、なければAB型は分析していい加減な奴扱いします。
AB型も、語った内のいくつかは行動に移す事。
出なければ、ネチネチしやがってと思われてしまいます。

 

もともとの相性はかなり良いようです。
ポイントは、お互いが相手に行き過ぎない事ですね。

 

次ページでは異性との相性についてです。