ズバリ的中!血液型による性格分析と相性占い

A型の性格の特徴

真面目とよく言われます。

これはホントよく言われることですよね。まぁ数の上でA型が最も多いので、A型の行動が規範のように思われるからもしれません。
A型の人から見てA型の行動が常識的、現実的なんだと思います。

 

平均的な行動、多数派への所属を好みます。

 

神経質と言われます。

出ました!神経質なA型!とってもとっても心配性のA型は、なにしろ準備万端です。きっと心配性なんでしょうね。
他の血液型の人からすると「そこまでしなくても大丈夫だろう」と思われがちです。特にO型の人から見たら、信じられないほどの心配性に呆れてしまいそうです。
それは病魔のごとく…。

 

また、A型の人はあまり感情を表に出しません。イヤな表情をせず黙々と作業をしている姿はきっと神経質にすら見えるんでしょうね。
食べた後の食器を1人もくもくと洗うA型の神経質な姿は、もはや美しくもあります。

 

コツコツ作業が得意

階段を昇るように、一度決めたことを一段一段ずつ課題や目標をこなしていくのが、全ての血液型中で最も得意です。
目標を達成するために計画を立て、それを実行していくのです。

  • ローマは一日にして成らず
  • 千里の道も一歩より

こんな言葉がA型の人は好きそうですね。

 

逆に、突発的な事や思いがけないトラブルにとっても弱いんです。これは非常に大きな欠点かもしれません。
計画通り順調に事を進めてきたけど、思いがけないトラブルや、問題事が発生すると、ついつい逃げ出してしまいます。真面目にコツコツと積み上げてきたこともさっさと見切りをつけて放り出してしまいます。

 

冷静で真面目な判断力がA型にはあります。誰かに相談してもいいですから、より良い解決方法を見つけてトラブルを乗り切る方法をその時は考えましょう。

 

優しい

A型の男性って特に優しいかもしれませんね。他人に気を使うのもA型の特徴です。
沢山の友人を作るより、少数の親友を作る傾向にあります。

 

人前で緊張しているのはA型が多いです。緊張する場面でもないのに、勝手に緊張してます。

 

恋愛感覚

熱しにくく冷め難い

あまり自分から積極的に…とはいかないようです。
このあたりは当てはまる人と当てはまらない人に分かれるところでもあります。
A型で積極的な人も多いですよね。

 

しかしA型に共通していえるのは、人間関係においてはまず一歩引いてしまいます。
つまり、受身になる事が多いのです。それでいて押しに弱い、かなり弱い。
断りきれなくてズルズルと付き合ってしまい、後々後悔することも。

 

自分からの告白は、恥ずかしくて苦手

自分の感情を表に出すのが苦手なA型は、愛の告白は一大決心で、超苦手です。なんとか相手のために尽くすよう努力をおしみません。
一度のめり込むとトコトン走り続けます。
で、恋愛についても深く考えてしまい、恋愛=結婚と考える傾向が高いんです。

 

別れと浮気については超厄介者です

A型と別れる時は覚悟をしてください。分かれるのは全ての血液型で最も困難です。いつまでも引きずって、なかなか別れてくれません。
それこそ「オレは一生独身を通す」と言いかねません。泥試合は、覚悟しておきましょう。

 

浮気も同じで、遊びと割り切れずに本気になってしまいます。風俗嬢に本気で惚れたりするのもA型の特徴です。遊びから恋愛に発展してしまう傾向があります。

 

浮気も、ドロドロに…・

金銭感覚

 

A型は計画性と管理と常識を持っています。そのためギャンブルよりも投資や貯蓄が大好きです。

 

しかし、ギャンブルの一獲千金のスリルを味わってしまうと、真面目さと凝り性でも相まって、逆にギャンブルにトコトンのめり込むケースもあります。
せっかくコツコツと貯めたお金を、妙な投資に注ぎ込んでしまわないように要注意です。使っていいお金を計画的に決ておくようにしましょう。パートナーとお金の管理を一緒にするのが理想です。

 

グループや職場では

 

創造性が必要とされる仕事はよりも、机に向かってコツコツという事務的な仕事が向いています。人に指示したりゼロから自分の感性で作りあげることよりも、言われた事を忠実にこなす必要のある仕事が向いています。
パソコンを使って資料をまとめることなんて大好きです。

 

ストレスを溜めないようにするには

 

あまり深く考えこまないよう、テキトーさを身につけることが重要です。トコトンのめり込む性格なので中途半端が大キライなのですが、あえて中途半端で放り投げるぐらいの考え方が必要です。トラブルが発生したときは、「どうでもいいや!」、「オレ知らない!」と口に出してみましょう。
けど、やっぱり深く考え込んじゃうんですよね。あまり自分を責めたりしないで、気楽に考えましょう。