ズバリ的中!血液型による性格分析と相性占い

O型×AB型の相性の傾向 同性編

O型とAB型はお互いがよく分からない関係

元々プライベートや心の内まであまり見せたがらないAB型ですが、白黒ハッキリさせたいO型にとっては、最もAB型のことがよく分からない存在でしょう。

 

でも、AB型からすれば、なんでO型はズケズケと大胆に自分をさらけ出すのだろう?と、こちらもO型のことがよく分かりません。

 

つまり、O型とAB型は、お互いのことがよく分からないのです。理解できないのです。

 

AB型はO型のことがそんなに理解できなくても別にかまいませんし、O型の様々な発言や行動から徐々に性格を分析して理解していきます。

 

一方、O型は、AB型のことを観察すればするほど、AB型の行動が理解できなくなります。O型が正攻法でAB型に近づくと、AB型は一定の距離を保とうとしてくるし・・・

 

O型とAB型に必要なことは腹を割って話すこと

でも、何かのきっかけで腹を割って話をすると、意外とO型はAB型の頭の良さや回転の良さが羨ましく思えたりします。また、AB型はO型の裏表のない性格に頼もしさを感じることがあります。

 

O型とAB型の組み合わせで大事なことは腹を割って話すことですが、腹を割って話す段階まで行くことが難しい組み合わせでもあります。

 

だいたいAB型はじっくりと友情を育てたいタイプです。逆にO型は、まずは友情を作って、その後で友情をより深めたいタイプなんです。

 

スローテンポなAB型に、O型が合わすのか、まず最初に結論ありきのO型に、AB型がついていくのか…

 

O型とAB型は、関係を構築するまでに、多少我慢と努力が必要のようですが、どちらかと言えばO型がAB型のスピードに合わせていくとうまくいく傾向にあります。

 

正反対だからこそ

極端な性格の2人だからこそお互いを理解できたら、長所を尊敬しあえる仲になれます。

 

「じっくり付き合う」がO型とAB型の組み合わせの最大のテーマです。

  • 同じ本や映画を見てみる。
  • 相手の好きな物の買い物に、ついて行って見る。

同じと思われる「行動」や「物」に対して、お互いに全く正反対の意見を主張したり、行動をすることもあるでしょう。

 

しかし、お互いに意見や行動に対して即答で否定せず、こんな意見もあるんだと考えて納得してから相手に接するようにしましょう。

 

「こういう人だ」と分かって付き合うなら、相手の短所だといつも目についていた点は、次からは目につかなくなりますから。

 

それを時間をかけて理解し友情を得られるようになると、周りから一目置かれる知的なコンビと言われる2人になれると思います。

 

O型は、AB型に対してあせらないように、AB型は、O型と会話する機会を持つように心がけましょう。

 

何か共通のプロジェクトや作業をする時は、共同作業でなく、役割分担をして作業を進めると良いようです。