ズバリ的中!血液型による性格分析と相性占い

A型×B型の相性の傾向 同性編

A型とB型は相手を認め合う気持ちで付き合う

スローテンポかと思えば急激に進行スピードを上げる気分次第のマイペースなB型と、一段づつ階段を上がるように、順序よくこなして行くA型。

 

仕事の結果や評価は同じでも、お互い相手の方法に納得が行きません。

 

B型はA型のやり方をつまらないと感じ、A型はB型のやり方を行き当たりばったりと感じてしまいます。

 

お互いに気付くべきことは、違う方法でも「結果は同じ」ということです。

 

相手の長所は、自分の短所かもしれません。

 

A型とB型の組み合わせの場合、過程ではなく結果を見て、相手を認め合うことが良い関係を築いていきます。

 

1対1の関係になるとお互いに注意が必要

A型とB型は友達としての遊び仲間としてはどうでしょうか?

 

実は、遊び友達として仲良しのA型とB型の組み合わせは、かなり多いのです。

 

相手に対する疑問は興味の対象でもあります。興味があるうちはまだ仲良く付き合っていけるのですが、これが1対1の関係になると粗が見えやすい組み合わせになります。

 

対処方法としては、ある程度結果が出るまではA型はB型に小言を言わないことですね。A型は、B型といると自分が常識人と強く思う傾向がありますが、案外B型の方が正しいことを言っている時もあります。

 

B型は多少面倒と思うかもしれませんが、今の自分の行動に対する気持ちや考えを話すことです。その考え自体がA型の常識と離れている場合もありますが、考えすら分からない状態よりは全然マシです。

 

総評

A型は、なんでも自分の判断基準でB型を測って見ないことです。

 

B型は、行動に移す前にA型に軽く声をかけるとよいでしょう。すると一般的な常識ライン、けじめのライン、線を引くべきところが分かります。

 

お互いに、「気まぐれな人」と思って付き合うと随分違ってきます。
相手との意見の違いを楽しむ余裕を持つことが、良い関係を作りあげていく秘訣です。